ライオンのおやつ



しまなみを舞台にした物語を描きたいと、
ポプラ社の方と小川糸さんが大三島を訪ねて来られたのは2017年の3月でした。

ずーっと楽しみにしていたその本が、この10月に発売になりました。
読めばわかる、わかる人にはわかる、レモン島はまさに大三島。

ならばライオンの家はアネックスがモデルでしょうか。
装丁のイラストはそっくりな風景です。
本の中で「無機質すぎず、かといって生活感がありすぎない」と表現されているライオンの家がアネックスであるならば、
そして、そう感じていただけたなら、こんなに嬉しいことはありません。

だって、
それは私が目指しているイメージだから。

物語の風景と、目の前の景色を重ね合わせながら、滞在中にお読みくださいね。






人気の投稿