投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

衝動買い

イメージ
大三島ブリュワリー × WAKKA  ビアガーデン

島に新しくできたサイクリスト向け複合施設「WAKKA」さんで
大三島のクラフトビールが飲める! 食べ物もあって、帰りは送ってもらえる
という
何とも有難い企画がありました。

お客さんのチェックインを終えて5時前に現地到着。
スタッフの方たちの対応も良く、見知った顔も既に上機嫌。

ここのカフェは屋内スペースと半屋外スペースがあるのですが
この日は芝生に椅子とテーブルもセットされていたので
そちらの席へ。

ブリュワリーの高橋君がこだわって丁寧に入れてくれるビールを待ちながら
楽しい談笑のうちにアテも出来ました。

乾杯!
残暑の厳しい夕方だったけど、ちょうど日陰になって海風も気持ちいい。
椅子が低めで布地張りなので、座り心地よし。
snow peakのローチェア。
バックシャンでデザインもよし。

順調にビールをお代わりして、気持ち良く酔っ払い。
ローチェアに身をゆだねていたら
アネックスのデッキで、この椅子に座って
ビール飲んで、星を見上げて、、、、、
寝落ちする!!

絶対に気持ちいいぞー♬ 妄想が膨らんでしまいました。

そんな訳で、酔いにまかせてポチッと購入。

感想をお聞かせくださいね。



海割れ

イメージ
大三島の東の沖合160mに浮かぶ古城島には
日本最古の水軍城、甘崎城がありました。

城跡には今も石垣や舟を係留するために杭を立てた穴が残っていて
古の島の人々の暮らしを身近に感じることができます。

瀬戸内は波のない穏やかな海に見えますが、
実は干満の差が大きくて、潮の流れも速くて複雑です。
地形や潮を味方につけて、戦国時代には敵の攻略を逃れてきたのでしょう。

年に何度か
ここに道が現れます。

歴史好きの方が歩いて渡ったり
地元の方はバケツ片手に貝を掘ったり。

海割れも
島の生活の一部で、そして大事な景色です。









行こか行くまいか

イメージ
長ーい梅雨があけて、猛暑の8月。
そして立秋、お盆。

たっぷり雨水をもらった草たちの成長はすさまじく
どこから手をつけようか、悩んで眺めて日は暮れる。

そんな中、用事で少しだけ島を出ました。
入口でマスク、消毒、検温のトリプルチェックをするチェーン店もあれば
久しぶりに手渡しでお釣りをもらったお店もありました。
お金の手渡しに感激するなんて、自分でもびっくり。
知らず知らずの日常のつみ重ねに慣れてしまうものなんですね。

お墓参りの代行、オンラインの葬儀や法要。
これもいつしか普通になってしまうのでしょうか。
帰省が不要不急なら、何が必要不可欠なの?


会いたい人に会う、行きたいところに行く。
不要不急という「ものさし」ではなく
自分の価値観で判断して行動できる日が戻ってくることを
願わずにいられません。