行こか行くまいか


長ーい梅雨があけて、猛暑の8月。
そして立秋、お盆。

たっぷり雨水をもらった草たちの成長はすさまじく
どこから手をつけようか、悩んで眺めて日は暮れる。

そんな中、用事で少しだけ島を出ました。
入口でマスク、消毒、検温のトリプルチェックをするチェーン店もあれば
久しぶりに手渡しでお釣りをもらったお店もありました。
お金の手渡しに感激するなんて、自分でもびっくり。
知らず知らずの日常のつみ重ねに慣れてしまうものなんですね。

お墓参りの代行、オンラインの葬儀や法要。
これもいつしか普通になってしまうのでしょうか。
帰省が不要不急なら、何が必要不可欠なの?


会いたい人に会う、行きたいところに行く。
不要不急という「ものさし」ではなく
自分の価値観で判断して行動できる日が戻ってくることを
願わずにいられません。








このブログの人気の投稿

ライオンのおやつ

動画で解説 海soraアネックスからの脱出法

デザインの力