生樹の御門






イキキノゴモンと読みます。

大三島はその昔、楠が群生していたと聞いたことがあります。
今でも大山祇神社周辺には2千年、3千年と言われる楠がたくさんあります。

中でも、奥の院近くにあるこの樹は
幹に自然の空洞ができていて、石段をくぐって祠へと行くことができるのです。

私は島に来てから何年もその存在を知りませんでした。
うちに遊びに来た友人が、神社近くで通りすがりの人に教えてもらったと!

さっそく友人に案内してもらい
境内を出て川沿いの道をぐるっとまわって、ひっそりと小さな看板のある
細い小道を抜けて、八朔畑の横を通り
えっ?大丈夫??と不安に感じた頃
見上げた先にその樹はありました。

少し離れたその場所から
あまりのパワーに肌がざわつき動けませんでした。
広げた枝の下に身を置くと、パワーのシャワー。

私のイチオシスポットです。





このブログの人気の投稿

ライオンのおやつ

動画で解説 海soraアネックスからの脱出法

デザインの力