楽しみすぎるっ! 大三島産アボカド



今朝はけんちゃんのアボカド畑に行ってきました。
彼のご両親とは移住の同期で、ラントゥレーベン時代のお隣さん。
お母さんの病気を機に大三島に移住した2世です。

島に来て借りた畑にアボカドの苗を10本位?植えたままにしていたのですが
本格的に栽培に取り組みたいと相談を受けました。

想像以上の大木。
「どうやって収穫するの?」と聞くと「命がけ」との答え。まじやし。。。

1本の樹に雄花と雌花があって、開花の時間帯が違うので受粉しにくいそうです。
収穫の頃から花芽がついていて、沢山の花を咲かせるんだけど、実になりにくいんだって。

なんでそんなに子孫を残しにくいしくみなのか、
多分量産よりも、より優秀な遺伝子だけを残す方法を選んだんじゃないかと想像し
この植物がどんな歴史を経てきたのか興味が湧いてきます。

うちから少ーし東にある見晴らしのいい場所で
この子たちがどんな花を咲かせ、実をつけていくのか、見守りたいと思います。

数年後、大三島産アボカドが市場へ旅立った時には、お買い求めくださいませー。






 

このブログの人気の投稿

ライオンのおやつ

動画で解説 海soraアネックスからの脱出法

デザインの力