子猫

 



10月最初の日曜日。今治の友人宅へ子猫を迎えに行く。
抱えられて出てきた2匹。暴れだした1匹を抱いて早くも血まみれになる私。
カゴに収まったその子に、人生最強の「しゃー」の洗礼を受ける。

顔も見ぬまま更に2匹を預り、いざドライブ。
予想に反して静かで穏やかな時間。そして到着。

産まれて2か月や3か月で、見たこともない大きな人間につかまえらて
見たこともない場所にやってきた子猫たち。さぞや怖かったことだろう。

かごを開けたら一目散、4匹がそれぞれ猛ダッシュで散らばって、隠れた。
本能って素晴らしい。
生物の気配がないまま、まる一日が過ぎる。

一匹ずつ捕まえて、無理やり注射器で水を投与。関係性の第一歩となる。


そして3週間が過ぎ。。。

何でもおもちゃにできる彼らの想像力に驚き
はたまた、自由力、破壊力の大きさに目を見張る日々。
早朝?深夜?の大運動大会で睡眠不足だ。

信頼を得られる日まで、まだまだ道のりは長い。
こっちだって、まだ顔の判別が怪しいのだ。
長い付き合いになるよう、頑張ろうぜ。
よろしくな! にゃんず。







このブログの人気の投稿

ライオンのおやつ

動画で解説 海soraアネックスからの脱出法

デザインの力