天気が悪いと気分が沈むのはなぜ?



その昔、人間が狩りをして暮らしていたころ。

グループA:晴れの日/狩りをしない 雨の日/狩りをしない
グループB:晴れの日/狩りをする  雨の日/狩りをする
グループC:晴れの日/狩りをする  雨の日/狩りをしない

雨の日も晴れの日も狩りをしないと、当然食べていけないので、グループAは絶えていきます。
反対に雨の日に狩りをすると、少し獲物は多くなるかもしれませんが、それより危険のリスクが高まります。
というわけで、グループCの晴耕雨読タイプの生存率が高くなり、その遺伝子が私たちに引き継がれているそうです。

ところが現代人は、休息日であったはずの雨の日も働かなければならないので、
雨の日は憂鬱になるんだそーです。

と、いつかのテレビでどなたかがお話しされておりました。

そんな訳で、久しぶりの青空に気分上々。
そろそろ梅雨が明けそうです。






このブログの人気の投稿

ライオンのおやつ

動画で解説 海soraアネックスからの脱出法

デザインの力